エチオピア ゲシャビレッジ農園 オマ ゲシャ1931 ナチュラル 100g
  • エチオピア ゲシャビレッジ農園 オマ ゲシャ1931 ナチュラル 100g
  • エチオピア ゲシャビレッジ農園 オマ ゲシャ1931 ナチュラル 100g
  • エチオピア ゲシャビレッジ農園 オマ ゲシャ1931 ナチュラル 100g
  • エチオピア ゲシャビレッジ農園 オマ ゲシャ1931 ナチュラル 100g
  • エチオピア ゲシャビレッジ農園 オマ ゲシャ1931 ナチュラル 100g
  • エチオピア ゲシャビレッジ農園 オマ ゲシャ1931 ナチュラル 100g
  • エチオピア ゲシャビレッジ農園 オマ ゲシャ1931 ナチュラル 100g
  • エチオピア ゲシャビレッジ農園 オマ ゲシャ1931 ナチュラル 100g
  • エチオピア ゲシャビレッジ農園 オマ ゲシャ1931 ナチュラル 100g
  • エチオピア ゲシャビレッジ農園 オマ ゲシャ1931 ナチュラル 100g
  • エチオピア ゲシャビレッジ農園 オマ ゲシャ1931 ナチュラル 100g
  • エチオピア ゲシャビレッジ農園 オマ ゲシャ1931 ナチュラル 100g
  • エチオピア ゲシャビレッジ農園 オマ ゲシャ1931 ナチュラル 100g
  • エチオピア ゲシャビレッジ農園 オマ ゲシャ1931 ナチュラル 100g

エチオピア ゲシャビレッジ農園 オマ ゲシャ1931 ナチュラル 100g

◎クロップデータ
生産地:南部諸民族州ベンチ・マジ、ゲシャ
精製法:ナチュラル
品 種:ゲシャ1931
標 高:1,900~2,200m
生産者:アダム・オーバートン&レイチェル・サムエル

◎焙煎レベル
ミディアムハイロースト(浅煎)
※酸味が苦手という方は、「ハイロースト希望」と備考欄にリクエスト下さい。

◎フレーバー
酸 味 ★★★
甘 味 ★★★★★
苦 味 ★★★
コ ク ★★★★
香 り ★★★★★

※グラウンド(挽いた豆)をご希望の際は、下記「種類」でグラウンドを選択の上、注文フォーム備考欄に希望の挽き目(粗挽き・中粗挽き・中挽き・中細引き・細挽き)をご記入ください。

¥4,200

テイクアウト
最短受取:2024年05月29日 13:00頃

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は2点までのご注文とさせていただきます。

※営業時間・受け取り店舗についてはこちら

営業時間・お受け取り店舗について

お受け取り可能な営業時間

  • 定休日
  • 定休日
  • 13:00〜15:00
  • 定休日
  • 定休日
  • 10:00〜12:00 / 13:00〜15:00
  • 10:00〜12:00 / 13:00〜15:00
  • 定休日

お受け取り住所

徳島県板野郡北島町新喜来字二分1-43

連絡先

088-698-6525

再入荷のお知らせを希望する

年齢確認

再入荷されましたら、登録したメールアドレス宛にお知らせします。

メールアドレス

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「swingcoffee.jp」を許可するように設定してください。

再入荷のお知らせを希望する

再入荷のお知らせを受け付けました。

ご記入いただいたメールアドレス宛に確認メールをお送りしておりますので、ご確認ください。
メールが届いていない場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
通知受信時に、メールサーバー容量がオーバーしているなどの理由で受信できない場合がございます。ご確認ください。

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「swingcoffee.jp」を許可するように設定してください。

通報する

ゲシャビレッジ農園の紹介

エチオピアの西の果てに鬱蒼と茂ったベンチ・マジ地区のジャングル。
この息を吞むような美しい大自然の中で、2011年に誕生したのがゲシャビレッジ農園です。
米国生まれのアダム氏とエチオピア生まれのレイチェル夫人が、ゲイシャ種に特化したコーヒー農園として立ち上げました。

ゲイシャ種の生産に適した土地を探し求め、たどり着いたのが、1930年代に発見されたパナマゲイシャ発祥の地とされるゴリゲシャフォレストにほど近い、ベンチ・マジのゲシャ村だったのです。
そして、原生種の中からゴリゲシャ、ゲシャ1931、イルバボアフォレスト1974の3品種の生産に着手しました。

農園の敷地は471ヘクタールあり、そのうち320ヘクタールを品種ごとに8区画に区分けして生産を行っています。オマ区画はその中の一つであり、より標高の高い生産区画になります。

同農園のクロップが初めて売り出されたのが2017年ですが、それ以来、世界中のバリスタやロースターから高い評価を受け、その名がコーヒー業界に知れ渡るようになりました。

今回のオマゲシャ1931ナチュラルは、糖度が22-23℃のチェリーのみ収穫しています。収穫したチェリーは、初めに綺麗に洗浄され、水槽で比重によるフローターの除去を行い、選別したチェリーのみでその後のプロセスを行っています。

選別後のチェリーは、改めて水槽に投入され、3時間のソーキングを行い、外果皮を柔らかくすることで、その後の乾燥を安定させます。

乾燥はアフリカンベッドで19日間天日乾燥を行い、その後8日間かけ水分値を10.5%に安定させるために日陰に移します。

最終的にグレインプロで8日間、全体の水分値の安定と均一化を図り、収穫からおよそ1カ月をかけて入念に仕上げられたクロップになります。

また、最後にカッピングによる評価を行い、セレクトされたロットのみが各国のバイヤーに届けられます。

店主のコメント

木の形態やチェリーのサイズ、外観、カップ品質がパナマ・ゲイシャに最も酷似しているクロップです。

口にカップを運ぶ際の香りはエクセレントそのもの!
口に含むと、上品な甘みが溶け込んだベリー系のフレーバーが一気に口腔内を駆け巡ります。

また、冷め加減によりシトラス系の爽やかな風味も加わり、ティーライクなアロマも重なるため、より複雑なフレーバーを感じさせてくれます。

冷めるにつれて色々なフレーバーが顔を覗かせる稀有なクロップです。

ナチュラル製法ながら、クリーンなアフターテイストも含め「素晴らしい」としか表現しようのない仕上がりのクロップをぜひお楽しみください。

抽出方法ごとのグラウンド(挽いた豆)の目安

・ペーパードリップ ・・・ 中細挽き~中粗挽き
・サイフォン    ・・・ 細挽き~中細挽き
・フレンチプレス  ・・・ 中粗挽き~粗挽き
・コーヒーメーカー ・・・ 中挽き~中粗挽き
・ネルドリップ   ・・・ 中粗挽き
・パーコレーター  ・・・ 粗挽き

ショップの評価

こちらもおすすめ